レーザークリーナーの仕組み

高出力のレーザー光を、対象物となる母材表面に照射し、
付着物(錆・油膜・塗装皮膜等)を蒸発および衝撃圧力を
利用して、母材から異物を剥離、除去する新たな洗浄方法です。

圧倒的な省人化と時短

ULT LASER

レーザークリーナーに技術は必要ありません。
老若男女問わずどなたでもご使用になれます。またどなたが扱っても同じ結果になり従来技術職と言われる専門の担当者でなければできなかった仕上がりがどなたでも、できることになります。属人化→非属人化が可能。
現場での作業効率が格段に上がります。
またグラインダーとの比較においては10分の1以上の時短効果を発揮。
作業効率の大幅アップ、生産性向上など現場の悩みを解決致します。

粉塵ゼロ対策・母材保護

ULT LASER

昨今、さまざまな企業が対応を迫られている粉塵問題。
レーザークリーナーはドライになり、照射するのは「光」です。
故に、従来のショット・サンドブラスト工法のように物理的なものを一切噴射しません。
そのため、従来のような粉塵が舞い上がることがありません。
またイコール母材へのダメージも軽減されるため、母材に対してもエコです。

業界最高スペック

  他社 ULT LASER
スキャン幅 50mm〜150mm

業界最長300mm

1mm〜300mmまで調整可能
照射距離 焦点距離の変更付加

20cm間隔で調整可能

20cm〜80cmまで調整可能
価格 高額

相見積もり可能

最高出力 低出力50w〜150w

トップクラス2000w

220v使用時
レーザーガン重量 3kg〜6kg

最軽量の約1kg

片手でラクラク作業
ファイバーの長さ 1m〜12m

最長30mまで可能

10mか20mか選べます
製品保証 0〜1年

2年

従来工法の問題と課題

従来工法
ショットブラスト、サンドブラスト、グラインダー、高圧洗浄、化学薬品(酸洗い等)
  • 粉塵による施工者の身体的リスクと環境汚染(二次廃棄物)への問題
  • 物理的なものを母材へ噴射または削るため母材へのダメージ
  • 施工環境の縛り

他のクリーニング方法と比較